シルバーについて

シルバーは1000分の925(銀の含有量が92.5%)の純度の銀をスターリングシルバーと言い、これは英国貨幣のといった意味があり、もともとイギリスの古くからの貨幣習慣から由来したものと言われています。シルバーアクセサリーは、愛着を持ってお使いいただければいただくほど、シルバー独特の風合いが出て、より美しく輝かせる貴金属になります。
しかしシルバーアクセサリーは普段身につけていると汚れてきます。そのうえ、空気中の硫黄分と反応して、黒く変色します。また、シルバーは柔らかい金属のため、キズが付きやすく、光沢が無くなってきます。しかし、シルバーアクセサリーの汚れや黒ずみ、小さなキズなどは、少しのお手入れで買ったときの輝きを取り戻すことができます。例え、数百年前に作られた銀のアクセサリーであっても正しく手入れをすれば、当時の輝きがよみがえります。

シルバーの保管

シルバーは空気に触れると空気中の成分と反応して酸化しやすい貴金属ですのでご使用にならない時は、ジッパー付のビニール袋などに入れて保管することをお勧めします。多少酸化を遅らせることができます。お着けになられた後は、柔らかい布で拭くことにより、いつまでも美しく輝くことができます。
また入浴の際は入浴剤や温泉に対して変色する場合がありますので、入浴の際には、はずされることをお勧めします。

シルバーのお手入れ:汚れを落とす

シルバーのお手入れの基本は、汚れを落とすことからです。。まずは水洗いやからぶきで汚れを落としてください。
シルバーは水で錆びることはないので、軽い汚れは、水やぬるま湯で洗えば、簡単に落とすことが出来ます。しかし、細かい細工が入ったものや、石を止めているスキマなどの汚れは、簡単に取れない場合があります。
その場合は、中性洗剤などで洗うか、メガネやアクセサリー用の超音波洗浄器などを使うと、細かいスキマまで汚れを取ることが出来ます。

シルバーのお手入れ:黒ずみを取る

シルバー特有の黒ずみの原因である、硫化皮膜を取り除くには、黒ずみを削り取る方法と黒ずみを溶かして取る方法があります。どちらもシルバー専用のクリーナーを使うと簡単に黒ずみを取ることができます。
シルバー専用のクリーナーには、布に研磨剤をつけたクロスタイプ、シルバーの表面の硫化銀皮膜を還元して溶かす液体タイプ、研磨剤を配合したペースト状のタイプ、その他半練りタイプ、スプレー式など、各社から様々な商品が発売されています。

シルバーのお手入れ:黒ずみを防ぐ

シルバーの黒ずみを防ぐ方法は、表面に硫化防止剤を塗る方法、ロジウムメッキをする方法、専用の保管用品を使う方法があります。
シルバーの硫化防止剤(黒ずみ防止剤)が販売されていますが、わざわざそれらを買うことなく、シルバークロスやポリュシュなどに配合されている製品もありますので、それらを使用すれば、長期間黒ずみを防止できます。

お勧めできないお手入れ

ハミガキ粉、ベーキングパウダー、口紅、修正液、消しゴム、塩とアルミホイルなどを使った方法

これらの中には、黒ずみを取るだけでなく、シルバー表面をキズ付けて、光沢を無くして白っぽく曇らせたり、変色をどんどん早めたりと、せっかくのシルバーアクセサリーを台無しにしてしまいます。

天然石のお手入れ

石は強いと思われがちですが、水に弱い石、日光に弱い石、いろいろあります。いろいろな石を組み合わせますので、どの石にも無難なお手入れ方法は、まず、どんな物でもそうですが、汚れを拭き取り、磨くことです
天然石を身に着けると当然汗、化粧品による汚れや埃が付着してしまいます。素材によってはそのままにしておくと表面が酸化して変色の原因になります。中性洗剤で洗うことができますが、洗剤や水洗いに弱い天然石もあるので注意してください。

天然石ごとのお手入れと注意点

アメジスト(水晶・シトリン含む)

水晶は、デリケートな天然石です。割れやすくて傷つきやすいので、他のジュエリーと一緒に保管しないことが大切。特に天然石の中でも最も硬いダイヤモンドとは避けること

ラピスラズリ

ラピスラズリはダイアモンドの半分の硬さの石です。5種類の鉱物から成り立っていて、それぞれ収縮率・膨張率の差があり、急激な温度変化には弱いそうです。
それに表面が劣化しやすい石なので付けているうちに汚れやすく汗などはしみ込んで変色の原因になります。水仕事やお風呂では外すのは勿論、ブレスをはめたままのドライヤー等もよくないそうです。汗や水に濡れたら布で拭くのが一番いいとは思いますが拭きすぎも注意です。

アクアマリン

アクアマリンは、キズに強く、割れにくい、どちらかというと扱いやすい宝石です。家庭では幼児用の歯ブラシをお湯に浸し、細かく泡立てた石けんを使ってアクアマリンを磨きます。毛先を使い爪の間や裏側についた汚れをよく除いたら、ぬるま湯で丁寧にゆすいで柔らかな布で水分をふき取ります。

ガーネット

ガーネットは、硬度が高く、薬品や熱にも強いのが特徴です。家庭ではシリコンクロスなどの柔らかい布で汚れや汗をふき取るとよいでしょう。汚れが目立つ場合は、幼児用の歯ブラシをお湯に浸し、細かく泡立てた石けんを使ってガーネットを磨きます。毛先を使い爪の間や裏側についた汚れをよく除いたら、ぬるま湯で丁寧にゆすいで柔らかな布で水分をふき取ります。

トルコ石

トルコ石は、硬度が低く柔らかい上に多孔質で水分が多いデリケートな宝石です。汚れやすく汗などはしみ込んで変色の原因になります。多孔質の宝石は汚れたら洗浄不可能ですのでジュエリーショップに任せましょう。その他、熱や光線にも弱く薬品にも弱いので取扱いには細心の注意が必要です。

トルマリン

トルマリンは、電気石とも呼ばれるように、摩擦や加熱で帯電しやすい宝石です。そのため、表面にほこりがつきやすいので使うたびに注意しましょう。

ムーンストーン

ムーンストーンは、薄い層状の結晶が重なってできているので非常にはがれやすく、割れやすい性質を持っています。落としたりぶつけたりしないように注意が必要です。また、はがれやすいので超音波洗浄も避けましょう。

ルビー・サファイヤ

ルビー、サファイヤは、ダイヤモンドに次いで硬く、耐久性があります。熱や薬品にも強いので家庭でも手入れはできます。ダイヤモンドと同じく幼児用の歯ブラシをお湯に浸し、細かく泡立てた石けんを使ってジュエリーを磨きます。毛先を使い爪の間や裏側についた汚れをよく除いたら、ぬるま湯で丁寧にゆすいで柔らかな布で水分をふき取ります。

エメラルド

エメラルドは、以外に割れやすく、超音波や熱に弱いので充分な注意が必要です。家庭での手入れは、シリコンクロス等で汚れや指紋を取る程度にしたほうがよいでしょう。

パール

真珠は、有機質の生き物なので、汗や汚れに弱く傷つきやすいのが特徴。シリコンクロスなどの柔らかい布でふき取ります。化粧品やヘア剤などの酸が付いてしまうと変色の原因になります。汚れがひどい場合は、ぬるま湯で洗い落としましょう。水道水にも塩素が含まれているので浸け置きは禁物です。

オパール

オパールは硬度が低く、割れやすくて傷つきやすい。水分を含んでいるので熱や乾燥でもひび割れを起こしますから、調理の火にも注意しましょう。超音波洗浄機も厳禁です。

トパーズ

トパーズは、硬度は高いのですが、横にひびが入りやすい性質を持っています。ですからキズは付きにくいですけれども、ぶつけたり落としたりすると簡単にひびが入るので注意が必要です。